パンを送るときの注意点


【パンを送るときの注意点とは?】



美味しいパンが焼けたとき、誰かに送りたくなりますよね。

いつもオンラインで受講してくださっているTさんから、

パンを送る時の注意点についてご質問を頂きましたので

私がいつも気を付けている点をお伝えします。



①できるだけ作りたてを常温でおくる

手作りパンは鮮度が命です。朝焼いて冷めたらすぐ送るくらいが良いでしょう。
冷蔵便はかえって固くなってしまうので、常温で送って下さい。
お惣菜など具材が入るパンを送るときは冷凍便がおすすめです。


②しっかり密封、乾燥防止

パンが固くなるのは乾燥が原因です。特に小さなパンは、水分が抜けているので
固くなりやすいです。ジップロック、ラップ、ビニールを2重にしましょう。

こちらの商品、「パン、美味しいまま」生徒さんからいただきました!翌日もしっとりしていますよ。

https://kinousozai.co.jp/bagforbread.html



③詰めすぎ注意

パンは柔らかいので、あんまりギューギューつめるとつぶれた形で届きます。
2段重ねも厳禁です。横一列がベストです。


④早く食べてね!と伝えます。

出来るだけその日のうちに食べてもらうようにしましょう。
霧をふいたパンを、温めたトースターにいれてもらうと焼きたてが戻ります。
数日置くときは冷凍してもらいましょう。



私も月に3~4回はパンを送ります。
特に母には毎週送って、元気出してもらってますよ!

5月はお母さんに贈りたくなるパンとお菓子メニューを紹介しますね。

2月10日(水)~15日(月)、5日限定キャンペーン

 
 2月10日(水)より、いよいよゆみパン劇場今日なに作る?がオープンしました。
 
初日から続々とお申し込みを頂いています。
 
月額1,980円でかなり楽しめますよ!
 
まだイメージが湧かない方、実際に使ってみた動画をご覧くださいね。
 
 
 
2月10日(水)~15日(月)にお申し込みの方に限り

生徒さんが選んだ人気レシピ30選 をプレゼントしています。

 
2009年からはじまったパン教室の人気レシピ集です。

この中のレシピは間違いなく大好評で美味しいものばかり集めています。

ご家族用、プレゼントにいろいろお使い頂けますよ!


・毎日食べたい定番パン7選
・ランチに食べたいパン9選
・おやつに食べたいパン5選
・お土産にしたいパンとお菓子9選

お楽しみに・・!

・・・・ 
 
 
 
 
 
 
 
ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」

詳細とお申し込みはこちら

 

 

ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」にようこそ!

 突然ですが、あなたは月に何回パンを焼きますか?

一人でパン作りができる方は「今日は何のパンを焼こうかな?」と悩む日もあると思います。



そんな方のために、この度「ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」を2月10日(水)よりオープンさせることとなりました。
 
 
 
 
 
この「ゆみパン劇場」とはご自宅にいながらパン作りが学べる、オンラインサロン(インターネット上の広場)です。
オリジナルシステム「ゆみパン劇場・今日、なに作る?」にアカウント登録すると、パンの作り方動画やレシピをご覧いただくことができます。また、サロンとは別にチャットワークというアプリを使ってパン作りの質問やメンバー同士の交流することができます。
 



◆パン作りのレパートリーを増やしたい方や、うまく焼けない原因をプロから学びスキルアップさせたい方、パン作りが好きな仲間と交流したい方にぴったりです。


◆なせならこのサロンには3つのお得なメリットがあるからです


メリットその1は、
お手元のスマホ、ipad、PCを使って、過去10年250種以上のパンとお菓子のレシピを検索できます。

現在youtube上ページにある「ゆみパンチャンネル」のレシピはすべて入っており、さらに毎月新メニューが1~2つずつ増えていきます。サロンメンバーはすべてのレシピを無料でご覧いただけます。 ※外部には一つ600円で販売しているレシピです。
 

(「ゆみパン劇場・今日、なに作る?」のスマホ表示。
検索にも対応しているので、欲しいレシピをササっと検索できます!
 
 



メリットその2
は、
 
毎月一回メンバー向けに開催する「youtubeシークレットライブ」にご参加いただけます(ご視聴は無料)
無料で開催中のyoutubeライブより難易度の高いパンを作りますので、スキルアップすることができます。

(過去のyoutubeライブ写真。全工程を一緒に作れる)




メリットその3は、
会員同士が文字だけで交流できる「もぐパンの部屋」へご招待します。
もぐパンとは、ゆみパンTV公式キャラクターです。もぐパンの部屋では、講師(ゆみパン)に直接パン作りの質問をすることができます。また、ご自身で作ったパンの投稿もできます。

もぐパンの部屋は、チャットワークというアプリをつかい、パンの検索サイトとは別のサービスを使います。チャットワークが使えなくても、検索サイトの方でも質問や投稿が見られます。
 (もぐパンと、もぐパンの部屋に投稿された写真
みんなの投稿を見るのが楽しい!)
 
 
 



実際にオープン前に10人の方に使って頂きました。
もぐパンの部屋に投稿されたパンの写真と、お二人の感想を紹介します!
 
(モニターの皆さんが焼いたパンの写真1



・思いたったらスマホでさっと検索、わからないことがあればいつでも先生に質問することができたので失敗なく作れました。
また、他の方が質問されたことも共有していただけたので参考になりました。
分厚い料理本を買わなくても、教室に通わなくても、自宅で好きな時に好きなレシピを選んで作れる、とても便利なオンラインサロンだと思います。

神奈川県 ハンドルネーム 育子さん


(モニターの皆さんが焼いたパンの写真2)


 
 
レシピがとても豊富でびっくりしました。動画つきのものは、動画を見ながら作る事ができるので、とても作りやすかったです。
レシピと一緒にハンバーガーの手作りソースや、パンに合わせて作ったら美味しそうな具材の作り方が載っていたのも嬉しかったです。他の方が作ったパンの写真を見て、こんなパンがあったんだ!と気付かされたり、こんな風にアレンジができるのだと勉強にもなりました。
お写真がないレシピもあったので、完成写真があれば、もっと作ってみたくなると思いました。

東京都 ハンドルネーム ミサさん


※10年以上前のレシピには写真がありません。これから随時追加していきます!



「ゆみパン劇場」と名付けたのは、参加者一人一人が主役となり輝いてもらいたいから‥という理由があります。

特に写真の投稿と質問コーナーは、皆さんの協力があって初めて充実したコーナーになります。

リクエストにも随時お答えしていきますので、パン作りだけでなく、ゆみパン劇場の作り手しても大いに楽しんで頂けたらと思います。

そのために私は、演出家としてサポートしていきます。

今日の主役はあなたです!ぜひゆみパン劇場の舞台で輝いて下さい。

 
 

 
ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」

詳細とお申し込みはこちら

 

 

パン教室料金改定についてのお知らせ

パン教室料金改定のお知らせ


いつもパン教室やオンライン講座、YouTubeライブ等にご参加くださり、誠にありがとうございます。

パン教室の料金改定についてお知らせいたします。


当教室では、これまで、材料に合わせて5,000円~6,000円で料金を設定してきました。

しかし、コロナ感染症の拡大以降、パンの原材料費が高騰し続けております。


また、教室での感染リスクを減らすため、参加人数を制限せざるを得なくなりました。


お客様には大変心苦しいお願いとなりますが、品川教室の一回の基本料金を6,000円に改定させていただきます。
ご理解のうえ、ご了承いただけますと幸いです。


【以下2点は例外です】

・3月のお菓子メニュー(1種):5,000円
・12月のシュトーレン:7,000円 ※材料費がかかるため

なお、「オンラインzoom教室」は、品川教室の料金から「500円引き」でご受講いただけます(材料2回分がついています)。


そのほか、各種パンのレシピは、これまで同様の600円、YouTubeライブは無料でご提供いたします。

さらに、今年は新たに、過去10年の人気レシピを楽しみながら作れる「オンラインサロン」もスタートします。

参加費は月額2,000円弱でワンランク上のパンが作れるようになります。

引き続き、ご自分に合ったスタイルでパン作りをお楽しみください。


価格改定について、ご質問やご不明点がございましたらお問い合わせください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


パン教室 ル・プチ・ボヌール
岡田 友美佳

 

眠っているおもちゃはありませんか?

 ●眠っているおもちゃはありませんか?

 




長年使っていたパン教室のお子様用おもちゃがかなり劣化してきました。

それもそのはず、今大学生の子が小さい時に使っていたものなんです。



皆さんのお家に眠っているおもちゃはありませんか?

お子さんが昔遊んでいて、なかなか捨てられないものなどありましたら、

ぜひ寄付してください。

引き続きパン教室で使わせて頂きます。


絵本も大歓迎です。

 

ぜひメールかラインでご連絡下さい!

あけましておめでとうございます

新年、あけましておめでとうございます! 



まずはパンのおせちで、新年のご挨拶・・・




あっという間に三が日が終わりました。
我が家は4日から学校も始まり通常運転となりました。


そんな矢先ですが、近日中に緊急事態宣言が発出する見通しとなりましたね。

まだ決定ではなく、検討する・・というあいまいな表現ではありますが、

正式に発令となったら、1月の品川教室は残念ながら中止とさせて頂きます。


「パンのおせち」はとても面白いパン作りなので、ご希望の方にはオンラインでレッスンさせて頂きます。

詳細は改めてご案内しますね。



●あなたはなぜパンを作っていますか?


今年初めてのブログなので、パンを作る意味も確認しておきましょう。


今はパンはお店でも自由に買えますよね! でもなぜ時間をかけて作るのでしょう。


その理由は人それぞれで その方にしかわからないものもあるかもしれません。


中には特に意識したことない・・という方もあると思います。



私の場合、仕事以外で作るときは、もっぱら子供たちが夢中でパンをほおばる姿を見たい!


という思いがあります。その瞬間のキラキラした過剰な理想像が頭の中にあるんですね。
 

 

そこに憧れパンを焼いています。(結果はいつも現実とは異なります(笑))


「誰かを喜ばせたい」「体に良いものを食べたい」「写真を撮りSNSにあげたい」

「すごい!と賞賛されたい」「充実した時間を楽しみたい」「自分をレベルアップさせたい」等々


そんな風に、誰もがパン作りを通して描いている未来があるのではないかと思います。


その未来が叶うように、今年もいろんな提案をしていきます。

今年は新しく


●副業したい、パン講師になりたい人向けの講座


●スマホで過去300近いレシピを検索できる月額制オンラインサロン



これらをスタートさせる予定です。

どうぞよろしくお願い致します!

年末に合羽橋で買ったもの


昨日、浅草合羽橋に買い物に行きました。

 


1月の「パンのおせち」に使う箱がネットで間に合いそうもなく、昨日急遽出かけました。せっかくなので、いろんなお店をまわることに・・。



まずはニイミ食器の前からスタート。合羽橋はほとんどのお店が、一本の通り沿いにあります。


①最初に入ったのは「Dr、GOODS」



ここはとてもセンスのいいスタイリッシュなキッチン用品がそろっています。

今年ミルクピッチャーが2つ割れてしまったので、陶器ではないレンジも使えるタイプのピッチャーを購入しました。





②次にいつもネットでお世話になっている馬嶋屋さん。



1年前にリニューアルされましたが、なんと入口から一番奥まで見渡せる縦長の陳列が素晴らしいです。


③食器のお店なら「風和里」ここにはセンスのいい食器と2階には木製の味のある製品が沢山ありつい長居してしまいます。



④本命のシモジマ。


ここにはパッケージ用品が各種そろっています。パン専用の袋も沢山ですよ。ここで「パンのおせち」を詰める竹の箱を40個買いました!
素敵でしょ!





⑤反対側にいって川崎商店


ここにはいつもみなさんにおすすめしている、人口大理石の麺台があります。
ちょっとピンボケしてますが1500円と超安い。

電話一本で宅急便で送ってくれます。



そして大好きなフェーブのセットとミニ泡だて器を買いました。



焼きごても欲しくてたまりませんでしたが我慢・・。



⑤キッチンワールドTDI


使い勝手のよい調理器具がそろっています。ここでは「箸」を買いました。教室のお皿や、スプーンフォークもいつもこちらで購入しています。



⑥今回寄りませんでしたが、おかしの森も大好き。製菓製パン器具は大抵そろいます。



⑦帰りにはペリカンでパンを買って・・と思いましたが荷物が多すぎて断念しました。


あとはまな板や、パンをのせる木製の台も欲しかったです。またの機会に!


コロナが落ち着いたら、ぜひ合羽橋ツアーも企画できたら・・と思います!

キャラクターの名前が決定!

本日ゆみパンTV公式キャラはの名前が決定しました。


 
 
埼玉県さいたま市の愛さん、
おめでとうございます
 
その他賞を付けさせていただきましたw
 
●鬼滅で賞
「白神こだま酵寿郎」
「竈門パン治郎」
「パン次郎」
●ゆみパンで賞
「ゆみポン」
「カミュー」
「ボヌール」
「岡田シュマリー」
●呼びやすいで賞
「パックン」
「パン君」
「マー坊」
「クーちゃん」
「パン子」
●響きが可愛いで賞
「ぽえむちゃん」
「ポムポム」
「ミニョン」
「ロンロン」
「らら子」
「チップ」
「くるくる」
「クルちゃん」
「ポッピイ」
「パンナ」
「ろるろるちゃん」
「ポムポムちゃん」
●ポイント高いで賞
「こだまちゃん」
「こだまー」
「こだまパン」
「こだまっち」
●おいしそうで賞
「焼きたてくん」
「ふわりー」
「ブレッドちゃん」
「くるくる焼きちゃん」
「パンピーちゃん」
「パンパン」
「パンパンマン」
「おちゃちゃ」
「にこパン」
●何かに見えたで賞
「小ぞうのパン君」
「ぞうパン」
「グーぞう」
「かぼちゃん」
「ぱおんくん」
「ぱんぞう」
「エレファントパン」
「バロンくん」
「ロール君」
「にこロール」
「バタロー」
●それは無いで賞
「ころっとな」
「妖艶桃レンジャー」
「粉盧奈歌宙ちゃん」
 
これからゆみパンともぐパンをよろしくお願いします。

 

クリスマスメニューにおすすめ「パン・デ・フォデュ」

【クリスマスメニューにおすすめ】


クリスマスのお料理は決まりましたか?

作りやすくて見栄えのする「パン・デ・フォンデュ」のレシピを作りましたのでプレゼントします。

 


 

これは12月のチーズパンの生地と同じとてもシンプルなものです。


教室にお越し下さったミュウミュウさんが、

「パンの中にチーズフォンデュが入っていたら・・?」

の一言で生まれたレシピです。これ一つでメインになりますよ!

動画、レシピはこちら

<

 

材料は2個分

・強力粉(春ゆたかブレンド)200g (カメリア可)

・塩3g

・砂糖6g

・温水(30度~35度)126g(カメリアの時は136g)

・白神こだま酵母4g(ドライイースト可)

・カマンベールチーズ100g 2個

 

①ぬるま湯に酵母を入れて5分ほどおく

 

②粉類を混ぜる

 

③溶かした酵母を粉に入れて混ぜる

 

④まとまったら台に出してこねる

 

⑤丸めてボールに入れて、カバーやラップをします

 

⑥一次発酵(30度~35度)50分

 

⑦粉を台に出してザクっと2分割する

 

⑧くるくるしながら球体にする

 

⑨ボールをかぶせてベンチタイム20分

 

⑩成型・・手に粉をつけて、生地の周りにまぶす

 

⑪手と麺棒で15センチの円に伸ばす

 

⑫真ん中にチーズをおき、その下をくぼませる

 

⑬チーズをはめて周りの生地を被せて包む

 

⑭シートに乗せて二次発酵。30~35度で50分

 

⑮オーブンの予熱をする(電気230度、ガス200度で予熱)

 

⑯焼成・・電気オーブン200度、ガスオーブン180度で15~20分焼成して完成

 

★もしもパンが冷めてしまったら、アルミホイルですっぽり覆って、220度のオーブンで10分加熱してください。再びトロトロパンになりますよ!

 

「シニフィアン シニフィエ」の酒粕シュトーレン

「シニフィアン シニフィエ」酒粕シュトーレンについてレポートします。



シニフィアン シニフィエとは、東京・世田谷に本店のある超有名なパン屋さんです。

ここの志賀勝栄シェフは、低温長時間発酵とか高加水のパンを初めて考案されたすごい方で、パン業界をぐいぐい牽引されています。



私が教室で教えているシュトーレンと低温超時間発酵の高加水パンは、元シニフィアンの堀田誠シェフに習ったものを、白神こだま酵母に置き換えアレンジしています。




さて名店のシュトーレンとは・・

一本4,860円(送料別)。ネット注文すると冷凍便で届きます。

可愛い箱。




あけるとぎゅっと真空パックです。
私のシュトーレン(右大)を隣に並べました。。比べると小ぶりですね。






でも実は・・・重さが330gと同じなんです。
それってなぜだと思いますか??



実はシニフィアンシニフィエのシュトーレンは、発酵させないんです!!

材料をざっとまぜて皮で巻いたら5~10分お休み。

そのあとすぐ焼いてしまいます。そのため、具材の隙間がなくて断面が詰まっています。




でも。。。めっちゃおいひ~!!

食感はさくっとして硬め。クッキーぽい感じです。


ふわっと酒粕の香り。それを引き締める柚子。時々チョコレート。

レーズンイチジクなどのドライフルーツやスパイスはゼロ。

代わりにピスタチオ、マカダミアナッツなどが沢山入っています。

周りは和三盆でコーティングされ、すべての調和がとれています。


食べながらしみじみ思いました。

「来年は酒粕にしたい!!!」

最近、日本酒の製造元さんとつながったのでレシピを考えてみようと思います!