「パンを作りたいけど時間がありません」

昨日はお休みでしたので、母と友人に送るためのパンを沢山焼きました。

喜んでくれるかな~と思いながら、作業するのは楽しいですね!

午前中には焼き上げてゆうパックで送りました。



先日、オンライン講座を受けている方から

「作りたいけど時間がありません。どうしたらよいでしょう?」



と質問がありました。実はオンライン講座の皆さんはフォロー期間が

決まっているのであまりのんびりしていられないんです。



私は長女が1歳の時からパンを作り始め、そこから子供が3人となりましたが

仕事をしながらパンはペースを落とさず焼き続けていました。


 ストレートで作るパンは焼き上げるまでに3時間半近くかかりますが、

実際作業の時間はそのうち30分ほどです。


あとは「待つ」という時間がほとんどです。そこで・・




1・前日に材料を計量しておく(間違いを防ぎ、翌日のめんどくさいが一つ減る)


2・ルーティン化する(子供が起きる前にとにかく生地をこねおわる)


3・道具をいつも使える状態にしておく



とこの3つのルールを決めて作り続けました。


前日準備をしておくとすっと作業に入れますし、

朝の家事に組み込んでしまうことで、

昼間の用事に左右されずに作ることができました。



 ちなみに昨日のパンは冷蔵発酵、冷凍発酵を使ったので、さらに楽に作りました。





生徒さんの中には、毎朝一次発酵中に5キロジョギングして帰ってくる方もあります。
スピードを落とさず走れるので相乗効果ありなんだそうですよ!(拍手)



まずは楽しく、そして続けられる方法を探してみて下さいね。



 

ソフトフランスは13×18×7

オンライン講座には、初級パンを数か月で習得するコースと講師を目指す方のコースがあります。


講師になられる方には、一つのパン「ソフトフランス」を徹底的に作る期間がどなたにもあります。


このソフトフランスは白神こだま酵母の中でも一番シンプルで基本となるパンであり、

これが焼けると一人前とみなされるパンです。

(ちなみに縦幅13cm、横幅18cm、高さ7cm以上と大きさが決まっていますよ)




 ひとつのパンを作り続けるより、いろんなパンを作った方が上達するのでは?

と思われる方もありますが、一つのパンをいつ焼いても成功させることのできる人は、

パン作りの基本的な部分が身についている人です。


そこからはいくらでも応用が効くため、まずは一つのパンを何度も作って基礎力をつけるというわけです。



音声でも解説をしています。

(初公開の音だけyoutubeページです。先生になりたい人向け)


https://youtu.be/aIZNkLwXocs



 
 5月2日(日)はゆみパン劇場オンラインサロンで「ソフトフランス」のライブがあります。

ぜひ参加して基本のソフトフランスにチャレンジして下さい。

そして試しに「たて×横×高さ」を計ってみましょうね!



参加にはオンラインサロンへ申し込みが必要です。


https://peraichi.com/landing_pages/view/k83wf

GWは何のライブに参加しますか?

今年のGWはライブを沢山行います!

無料、有料、大人向き、子供向き、等々いろいろあるのでご都合に合わせて

ご参加下さい。

いずれもアーカイブが残ります!
 

 

 ●4月29日(祝)10時から youtube公開ライブ(レーズン食パン)
 
シンプルな生地にたっぷりレーズンを入れていきます。18センチのパウンド型を使います。
 
無料ライブです。材料はこちらです→ 
 
 
 
【生地の材料18cmパウンド型】 一斤型の人はすべての材料を×1.5 ・強力粉(はるゆたかブレンド)200g(カメリア可) ・塩4g ・砂糖10g ・温水30~35度 120g(カメリアなら130g) ・白神こだま酵母4g ・無塩バター20g ・レーズン100g(書き忘れてました(;^_^A) ・18cmパウンド型をご用意ください。 レーズンは10分ぬるま湯に入れて、水分をふき取っておいて下さい。
 
 
 

 
配信ページはこちらです→

 
 
 

●4月30日(金)12時から フェイスブックライブ(ゲスト:パステル画家・KINOさん)
 
主婦になってはじめたパステル画。趣味を仕事に・・と絵画販売を行っているKINOさんをご紹介します!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●5月2日(祝)10時から ゆみパン劇場オンラインサロン youtube限定ライブ(ソフトフランス)
 
白神こだま酵母の基本のパン。これが作れると一人前です。
 
サロンに申込が必要です→ peraichi.com/landing_pages/view/k83wf
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●5月3日4日(祝)10時から 購入者のみ・youtube限定ライブ(カンパーニュ)
 
4月に購入した方も見られます。購入が必要です。材料と道具を送ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●5月5日(祝)10時から こどもの日スペシャル・子供向きyoutube公開ライブ(ピザ)
 
子供向きライブですが、もちろん大人のご参加も大歓迎。説明は子供向きに易しく行います。
 
無料ライブ・材料は概要欄→ youtu.be/I-tWsW2zXwc



 ・国産強力粉(春ゆたかブレンド)150g(カメリア可)

・きび砂糖              6g ・塩                 3g ・オリーブオイル          10g ・ぬるま湯(30度)         80g(カメリアのときは85g) ・白神こだま酵母           3g トッピング ・ピザソース、ピザチーズ適量 ・好きな具材(ベーコン、トマト、パプリカ、 アスパラ、ピーマン、きのこ、コーンなどなど)

 


ご自分のにあうライブにぜひご参加下さいね!
 
 

4月の人気メニューを自分にあった形で学ぼう!

4月のレッスンが始まりました!

 
今月は菜の花とベーコンのカンパーニュホテルブレッドです。
 
昨日は午前はカンパーニュyoutubeライブでしたので、午後からのレッスンでした。
 
春の光をいっぱいあびて幸せなひと時でした!
 
 
 
 
ホテルブレッドの動画アップしました。

 
こねるのが大変ですが、めげずにこねると美味しくできます。
 

 





 
 
また、カンパーニュ大好評!
 
昨日は白ワインあったらいいなぁ・・なんて思いました。
 
少しの酵母で低温長時間発酵させて生地の美味しさを引き出します。

 

 

 

★ホテルブレッド直接教室で受けたい方。

日程(定員3名)

4月19日(月)
4月23日(金)
4月25日(日)
4月28日(水)

10時から14時







●ホテルブレッドオンライン教室(ご自宅)で受けたい方


型と材料つきzoomレッスン


日程(定員3名)

5月9日(日)10時から14時

5月30日(日)10時から14時 



詳細・お申込み
 
 





★カンパーニュをオンラインで受けたい方

●材料道具付き、カンパーニュのオンライン講座

次のライブは5月3日、4日(アーカイブあり)


詳細・お申込み






★両方のパンを自分のペース気が向いたときに作りたい方


ゆみパン劇場オンラインサロン



自分にあったスタイルをみつけて下さいね!
 
 
 
 
 
 

「形が悪くても味は大丈夫!」・・っ思っていませんか?


「形が悪くても味は大丈夫!」・・っ思っていませんか?


パンが焼きあがって、「あれ?形が悪い!(-_-;)」という時があります。

そんなとき「でも、味は良いはずだから・・」と思ったことはないでしょうか?


しかし。。。それってホントでしょうか?


実際は、


「「「味は見た目と比例します!!」」」


パンはこね、発酵、成型、焼成、と4拍子が揃ったときに初めてきれいな形になります。


顕著なのがバターロール。


こねが足りないとふんわりしません。

発酵が足りないと、いびつに膨らんだり、生地が切れたりします。

成型がゆがむと、焼きあがりも曲がります。

焼成の温度が低いと底が安定しません。


作業は一つずつ丁寧に行い、はじめて、味、色、形のそろった美しいバターロールとなります。



今度4月4日(日)には、このバターロールを極める「湯種の塩バターロール」の

youtubeライブがありました。このライブはオンラインサロンメンバー限定です。




アーカイブで参加したい方はこちらから↓ 

美しい湯種バターロールをマスターして食卓を輝かせましょう!

https://peraichi.com/landing_pages/view/k83wf

 

ぼくは手作りじゃないと嫌なんだ!


今週の日曜日は、カンパーニュの朝ごはんでした。

 





金曜に生地を仕込み(こねずに混ぜるのみ)


土曜の夜、夕飯の後に焼き


日曜日の朝ごはんにしました。



食べ盛りが3人いるので、大きなカンパーニュが2個必要です。

そのほかに卵やフルーツなどなど。

お皿にたっぷりのせても、パっとなくなるたべっぷりです(笑)



・・・パンを作り始めたばかりの18年前の私は、
手作りパンの朝食など夢のまた夢のように感じていました。、

しかし夢中になって作っていたら、いつのまにかそれがごく日常になりました。



時間をかけて作って用意しても、食べてしまえばあっという間。

でも手作りパンを食卓に出すと、とてつもなく大きな満足感が得られることに気が付きました。


そして食べる方も、「ママの手作りパン」という安心感があるような気がします。


昔の話になりますが、長男が小1の時、おやつに続けて市販のお菓子を食べさせていた時期がありました。

町内のお祭りで沢山もらったためでした。しかし、それが何日も続いた時、、急に長男が泣き出してしまったんです。


「ぼくは手作りじゃないとイヤなんだよ。イヤなんだよ。」

わんわん泣いてしまいました。



その時、毎日この子が食べていたのはパンではなくママの愛情や安心、自分のために

かけてくれた時間を食べていたのかな・・と思いました。




現在、あなたとご家族がハッピーになる本格カンパーニュが焼けるオンライン講座、 「週末はいつもカンパーニュ」を、販売しています。

基礎から応用まで3種類学べます



基本の道具と材料も一緒にお届けします。

ご自身とご家族のために美味しいカンパーニュを作って下さいね。




1分半の動画で解説



お申込みはこちら!

https://petitbon.jp/article.php/20210302223520441


『二次発酵がわかるとパンは劇的に良くなる』

『二次発酵がわかるとパンは劇的に良くなる』


先日オンラインサロンのHさんが、角食パンを2本焼いた時、

二次発酵が進んでいたパンのほうが焼いたら膨らまなかった・・という現象が起きました。

 


 

これはなぜでしょう。



二次発酵完了の目安は「生地の膨らみが最大になる一歩手前で止める」ことです。


100%膨らんでしまったら、その後膨らむ力が残らず、オーブンにいれてもあまり変わらない・・という現象がおきます。

おそらくHさんのパンは、発酵時に力を使い果たしてしまったのでしょう。



そうならないために、まずはレシピ通りの時間と温度で発酵させ、その上でよーく生地の表面を見ます。

ところどころ生地が透けて、気泡が見え始めます。

ぴんと張っていた表面がゆるみ、ちょっとでこぼこした感じも出てきます。


指でそっと押してみて、生地が押し戻って、指の跡が少し残る程度が発酵完了。

跡が完全に戻れば発酵不足、跡がしっかり残れば過発酵、と確認できます。


毎回、同じ方法で確認しているとわかるようになり、失敗が劇的に減ります。



皆さんのパンをいつオーブンに入れるか・・じつはドキドキしながら判断しています。



★よりパンが上手に、レパートリーも増やしたい方は「ゆみパン劇場オンラインサロン

おすすめします!



https://peraichi.com/landing_pages/view/k83wf



パン作りの道具、いくつ持ってますか?


春は毎年、新規のお客様からの問い合わせが多くあります。

何かを新しく始めるには良い季節です!それがパン作りなら、とっても嬉しいです。



●先日、道具と材料についての質問がありました。こちらでも紹介させていただきます。


<道具編> 7つの必須アイテム


1オーブン

2ボウル

3めん棒

4カード

5ゴムベラ

6はかり

7オーブンシート



慣れてきたらこちらのアイテムもぜひ!

8こね台

9滑り止め(こね台の下にひく)

10小さなへら、ボウル

11デジタル温度計

12クープナイフ

13シリコン刷毛

14茶こし

15オーブン温度計

16霧吹き

17繰り返し使えるオーブンペーパー




どんな道具か想像つかない方!動画で解説しています。






<材料編>


1、白神こだま酵母

2、北海道産強力粉(はるゆたかブレンド)



初心者さんはこの2つのみです。

あとは砂糖、塩、無塩バター、卵、牛乳などお家にあるものでOK。

全粒粉、ライムギ、やナッツ、フルーツなどは少し慣れてから徐々にチャレンジするといいですよ!

材料は富澤商店で検索するとすぐ見つかります。



その他、わからないことはここで質問してくださいね。

https://03auto.biz/clk/archives/vuuetv.html



ハードパンを焼きたい時、コントレックスって必要?

先日、オンラインサロンでこのような質問が届きました。

 

Q,「低温長時間発酵のレシピはコントレックスを使っていますが、普通の水道水に置き換えてもできますか?」




A,「できます!」

ただ、少し食感がかわります。その理由はお水の性質にあります

コントレックスの(硬水)は、少し入れると加水の多い生地を引き締め、噛みごたえのあるハードパンを作ることができます。

また本来ならベタベタしがちの低温長時間のような生地も、硬水を使うことで生地がひきしまり作業しやすくなります。


一方、日本の普通の水道水は軟水なので柔らかいパンを作るのに向いています。

低温長時間発酵のパンに使うと、ふにゃっとこしが無く作業しづらくなります。

しかし、ハードパンが焼けないわけではありません。

食感が柔らかく感じますが水道水でも美味しく出来ます。


フランスは硬水のためハードなフランスパンが生まれ、日本は軟水のためアンパンや菓子パンが生まれたと思うと、とても理に叶っていますね!



 
 
 
ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」

詳細とお申し込みはこちら

 

 

冷蔵発酵と低温長時間発酵の違いってどこ?



【冷蔵発酵と低温長時間発酵の違いってどこ?】


先日オンラインサロン内でこのような質問がありました。

低温長時間も冷蔵発酵も、同じように感じますよね?

ここでは私の考えをお話します。


まず、この二つは全く別物と考えます。



・冷蔵発酵・・低温(冷蔵庫)で一次発酵させることで酵母の働きをゆっくりにさせる。
その間に小麦を熟成させる。低温だと酵母がよいアルコールを出す。

酵母の量は普段と同じなので、あまり長い時間冷蔵庫に置けません。



・低温長時間発酵・・低温なのは一緒だがさらに長時間発酵させたいため、
酵母の量を微量にしている。
酵母を微量にすると、生地の糖(餌)を食べる量が少ないためうまみが残る。長時間かけると小麦が熟成される。

生地がより美味しいのはそのため。


という感じです。でも低温長時間発酵を冷蔵発酵と呼ぶ先生もいますので、
製法の名前にこれ!という決まりはないのかもしれませんね。

 
 
 
ゆみパン劇場オンラインサロン「今日、なに作る?」

詳細とお申し込みはこちら